IT系のエンジニアの種類

ITと聞いて頭に入ってこない人は多いと思います。ITとは、インターネットなどの通信とコンピュータを駆使する情報技術のことです。未経験の方で、IT系のエンジニアに転職しようとした時に、どれが自分が目指しているエンジニアかを知る必要があります。エンジニアごとに合った知識や技術は違うので、まずは自分の目的に合わせて探していきましょう。

種類

  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • データベースエンジニア
  • 組み込みエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • インフラエンジニア
  • フロントエンジニア
  • バックエンドエンジニア

プログラマー

システムやソフトウェアを作るために、コンピュータを動かすプログラミング言語を用いる仕事です。一般的には下流工程と言われています。システムエンジニアがシステムの設計書を作成し、それに基づいてプログラマーがシステムを構築していきます。

システムエンジニア

システムやソフトウェアの設計や構築、テストを行う仕事です。プログラマーと業務が同じ部分がありますが、会社ごとや案件ごとで呼び方が違います。一般的に設計を行う人は、上流工程と言われることが多いです。 お客さんの要望を受けて、システムの効率化や構築などを構築します。

ネットワークエンジニア

ネットワークの設計・構築・運用・保守を行う仕事です。インターネットで情報を受け取ったり、送ることができるのも、ネットワークエンジニアのおかげです。通信の異常や不正がないかを見張っています。

データベースエンジニア

データベースの設計と開発、運用、管理を行う仕事です。最近では、ビッグデータという言葉が出てきています。膨大なデータを管理、会社の戦略に活かせるスキルを持った人材が求められています。データを保存したり、必要なデータを取り出すことができるようなシステムを構築をしていきます。

組み込みエンジニア

電子レンジ、冷蔵庫、エアコンなどの電化製品、カーナビや車などは、プログラムが組み込まれて動いています。このような、ハードウェア機器を動かすために組み込まれたシステムを組み込みシステムと言います。自動販売機、改札機、携帯電話、スピーカーなどにも組み込みシステムは搭載されています。各機器に、作業を指示する組み込みシステムの構築をする仕事です。

セキュリティエンジニア

情報セキュリティを専門に扱うものやサーバーの構築、運用、保守などのサーバー関連を扱う仕事です。セキュリティに配慮したシステムを設計したり、サイバー攻撃で銀行口座や連絡先などの大事なデータの閲覧・操作を防ぐための調査や対策をします。

インフラエンジニア

ソフトウェアやデータ、ネットワークをスムーズに利用するための設備を構築、保守、運用する仕事です。ミドルウェアの設定や調整が主な業務です。

フロントエンジニア

webサイトを見たり、操作すること、利用者が触れる部分をフロントエンドと言います。デザイナーが作成したWebサイトのデザインを元にHTML、CSS、JavaScriptを用いてコーディングするのが仕事です。

バックエンドエンジニア

Webサーバー側のことで、データ処理や保存などの利用者から見えない部分をバックエンドと言います。Webサイト、サービスの構築において、サーバーやデータベースのシステム側の構築・管理を行う仕事です。

自分が目指すエンジニア

これまで9つのエンジニアについて紹介しました。あなたが目指すエンジニアは見つかりましたか?見つかった方は、目的をより明確にするためにも必要なスキルや収入などをさらに詳しく調べてみてください。

コメント